about

北信州 蔵の街としても有名な城下町 須坂市は、
北信五岳と言われる山に囲まれ、
日本で一番長い川、信濃川の上流域、
千曲川が流れる自然豊かなまちです。

そんなまちで、三木農園が農業をはじめたのが、
記録が残っている限りでは300年前。

建て替える前の三木家の柱には江戸時代の頃の
年号が書かれていました。

元々須坂は養蚕が盛んな街で、いたる所で
機を織る音が聞こえて来たそうです。

機を織るカッタカッタという音から、
「カッタカタ祭」なんていうお祭りもあります。

三木家も養蚕をしていましたが、
海外からの安い製品がたくさん押し寄せてきた時に、

元々野菜をつくっていた河川敷沿いの土地、
土で何かを作れないか。

この土地にはどんな作物があうか、
つくろうか思案した結果、
桃をつくりはじめたそうです。

時には千曲川が大きな氾濫を起こし、川底に果樹園が
沈んでしまい桃がダメになる事もありました。

しかし、「余分な栄養が流れて、上流からいい土が
流れてくるし、さながらナイル川農法だ」と笑い飛ばし、
これまでこの地で農業を営んできました。

そんな信州三木農園のつくる、人もよろこび、
自然もよころぶ、「人と自然と300年」の歩みが
生み出した完熟桃を、農家が最も美味しいと感じる
タイミングで出荷するこだわりの産直STOREです。

  • Home
  • About
  • Blog